ほとまるブログ

はてなダイアリーから移行

#10 「幕間狂言」

感想

うーん、同盟側は観ていて苛つく(真顔)
結末を知ってる立場からすれば、このタイミングで平和条約を締結していれば
みんな平和に幸せだったわけですよ。
しかも、今回の遠征は帝国民を解放するとかいうどうでもいい理由だ。
帝国民の大多数から、解放を要請されたのなら一理あるだろうが
頼みもしないのに解放に来ましたって言われたら、「はぁ?」ってなるだろ

PickUp!おっぱい

特になし

印象に残ったシーン

自称ヤンのライバルさん

長蛇の列って・・・一般的に何か失敗した状態のことでしょ?

フォーク准将「同盟軍の大艦隊が長蛇の列をなし、
自由と正義の旗を掲げて進むところ、勝利以外の何ものがありましょうか」

自称ライバルさんの評価



本部長「今日の会議で彼の人となりは分かっただろう。
才能を示すのに実績でなく弁舌を持ってし、しかも他者を貶めて
自分を偉く見せようとする。
だが、彼には自分で思っているほどの才能などない」


同盟軍の迎撃作戦は、オーベルシュタインの立案

オーベルシュタインらしい合理的な作戦です





あらすじ

同盟の政治家は選挙対策で大規模な帝国侵攻作戦を承認。
ヤンのイゼルローン要塞の無血攻略が裏目に出た。
軍部では作戦内容を疑問視する動きもあったが、そのまま作戦開始。
帝国側は、ラインハルトが防衛指揮。
オーベルシュタインの作戦でイゼルローン回廊の出口で
同盟軍を退却させるのではなく、帝国領内に引き込んでから
徹底的に叩き潰す予定。