ほとまるブログ

はてなダイアリーから移行

#19 霧のフォークロア

感想

ふと気になったのが、作中は服装的に秋冬に突入してる。
何とか祭りは春にするらしいのだが、国王の任期中なのか気になる。
1話は確か卒業間近なのに就活連敗中で、
よく契約内容を確かめないで国王の仕事を引き受けた感じだったから
おそらく何とか祭りが任期最後のイベントになるだろう。
なんとなく2クールの終わりが見えてきた。

PickUp!おっぱい

特に無し

印象に残ったシーン

夜の廃校

どうして夜中に行くのか?
社会人というか、仕事でしてるなら昼間に行けよ
・・・まさか、マノヤマ観光協会は残業代出ないのか!
まぁ国王は、個人事業主として1年間の受託契約という可能性もあるが


祭り復活に動き出す会長

ただのチュパカブラ好きの爺じゃなかったんだなw
一応、責任は感じてたんだ
祭りを途絶させた50年の贖罪か・・・









花束買ってきたオデン父

歌いながら帰宅とか、見た目ほど堅物でもないと思う


背中オデン


駅の待合室で紙芝居

子供の頃、一度だけ近所の公園で紙芝居屋さん見たことある。
水飴買ってもらったけど、紙芝居はよく見てなかった。
(ずっと水飴こねてた。人生初の水飴では仕方ない)


あらすじ

廃校で祭具の太鼓を発見。
何とか祭りの実行委委員会(仮)を結成し、準備を開始する。
オデンは、オーディションを受けに行く。