ほとまるブログ

はてなダイアリーから移行

#12 死んでもマイクを手放すな [終]

評価: ★★★☆☆ (話が進まなかった)

自分をふった女を惚れさせて捨てるという不毛な目的で始まるストーリー。
リベンジが成功すればストーリー終了なので、なかなかうまく行かないわけだが
それにしても、進展がない。
行間を読めば、アダガキはマサムネが好きだったようなので
誤解が解けた時、マサムネがどうするかというのが最後の課題かなあ。
マサムネはアダガキを惚れさせる前に、再びふられる可能性もあるわけで
このリベンジは、ハイリスク・ローリターンな考えだと思う。
むしろ、ノーリターンな気もする。
プライドってそんなに大事かな?

印象に残ったシーン(全体)

フジノミヤはノーパン

もう、ノーパンが気になってストーリーに集中できないwwwwwww


マサムネ、アダガキ「穿いてない」


感想

最終回がカラオケってどうなの?
時間が余ってしまったのかなあ
ぶつ切りエンドだとしても、もう少し盛り上がりが欲しかった。

PickUp!おっぱい

特に無し

印象に残ったシーン

フジノミヤもも

ノーパンなので、視線が誘導される



マサムネ?を待つアダガキ(回想)

この伏線が回収されれば、終わりなんだろうなあ




熱暴走したマサムネは、アダガキに演技じゃなくて本当にキスする









気まずいカラオケルーム


アダガキもも


賞品は白米

これ白米じゃなくて、ごはん
躊躇わず、すぐ食べるのがポイント高い。
炭水化物は大好きです!

あらすじ

白雪姫演劇勝負は、マサムネがA組の王子役で参加。
マジキスで、白雪姫(アダガキ)を眠りから覚ます。
打ち上げで、カラオケ勝負。
とりあえず、マサムネとアダガキの関係は現状維持。