ほとまるブログ

はてなダイアリーから移行

#5 「呪われた男[後]」

前後編だったわりには、それほど盛り上がらず。
最初に、絵の具にヒ素が使われてるという呪いの絵の種明かしをしてしまって
残りの時間をどうするんだよって思ってたら、
借金があって保険金目当ての自殺を企んでたらしい。
奥さんが優しい人で良かったなぁ
これで、奥さんと絵を鑑定した謎の男がグルだったら荒れたなw
IT関連の会社に転職したらしいけど、旭川に有名なシステム会社はあったかなぁ
IT土方を引退した僕としては、地方のシステム開発業務は
首都圏の3次、4次受け案件ばかりで、ひどい状況だ(った)
暗黒プロジェクトで過労死しないといいですね(真顔)
脚に障害が残ってれば、障害者枠での採用になるから
無茶な勤務はさせないかもしれない。

印象に残ったシーン

冷静で、適確な応急処置が出来る櫻子さん。
ただの骨好きではないな!

ベルトで縛って止血してるのに、けが人を背負って走りだすお巡りさん。
縛るほどの出血なら絶対安静だ。
けが人を動かして傷口が広がったらどうするつもりなんだろ?
しかも傷口の脚を下げたら余計に出血すると思う。
出血してるときは、傷口を心臓より高くが原則では?
僕の一番の違和感は、このシーンだな。

あらすじ

呪いの絵は、ヒ素入り絵の具を使ってた昔の絵だったのが原因。
それで解決と思わせて
実は、借金を抱えて保険金目当ての計画自殺を企んでた。
斧で脚を切るが失敗。
謎の男は、謎のまま終了。(スッキリしない)