ほとまるブログ

はてなダイアリーから移行

#3 そだちリドル其ノ貳

僕としては、物語シリーズは怪異を扱った物語という認識なので、
この「そだちリドル」はどうなの?と思うが
ミステリー的な推理物としては面白い。
中学生が、親からの虐待に気づくかというと難しいと思うので
そんなにアララギを責められないと思う。
実際問題として、虐待の解決に数学的な正しい解答はなく、
結果論しかないと思う。
不幸な境遇には同情するが、思惑について何も話さず
期待に沿わなかったからといって怒るのは逆恨みだろう。

印象に残ったシーン

数学の妖精(想像)

老倉(現在)

老倉(5年前)

あらすじ

アララギと扇は、アララギが中学時代に数学を勉強した廃屋に入る。
結果としては、そこは老倉の家であり、
アララギに数学を教えていた数学の妖精は、老倉だった。
老倉はアララギに家庭内虐待を告発?して欲しかったので、
数学を教えていたらしい。