ほとまるブログ

はてなダイアリーから移行

#13 「これからの記録」[終]

評価: ★★★☆☆ (最後の方を省略しすぎ)

シャーロットという彗星が原因で能力が発生するというネタバレしてから
正直、ついて行けないストーリー展開だった。
1人で世界中の能力者の能力を奪うってどういうこと?
病気のようなものらしいんだけど、
発症前の人の症状を進行させてから略奪能力で奪うなら
治癒能力で元に戻る気もするし。
もう少し、時間をかけて(2話くらい)乙坂に辛い目に合わせてから
日本に戻ってきたら、もっと泣けたかもしれない。
展開が早すぎて、感情移入は出来なかった。
ただ、面白くなかったということもなく、
もう少し最後の辺りを丁寧に進めてもらえたら、もっと良かったかなと。

印象に残ったシーン

生徒会長と再会
乙坂「ところで、あなたは?」

生徒会長「は!?…そう来ましたか…そりゃそうですよね」
生徒会長「何千何万という能力を奪ったわけですから、脳への負担は半端ないものでしょう」

涙腺が緩いのでじわっと来た。
生徒会長「乙坂ユウ君、おかえりなさい!」

印象に残ったシーン(全体)

乙坂を見守る生徒会長
何とも言えない辛い役目だなと。

あらすじ

乙坂は、世界中の能力者の能力を奪い
無事帰ってきた。
対価として記憶を失った