ほとまるブログ

はてなダイアリーから移行

ささめきこと 第09話「ひまわりの君」

[あらすじ]

期末テストが終わり、蒼井は「ゆりフェス」に向けて同人誌の作成を始めた。今回は、村雨という同類がいるため気合が入る。一方村雨は、蒼井のことなど心に止めず蓮賀たちといつもの「女子部」作戦会議をしていた。蒼井は村雨との関係に妄想がふくらみ、織野真紗香の二次制作ではなく、オリジナルの作品を作り始める。蓮賀が女子部の合宿をしようと話を出すが、最初村雨は乗り気じゃなかったが、風間の水着姿を想像し、欲情する。蒼井は同人誌を書き上げ、村雨に見せようとするが、村雨は同人誌のことなど眼中になかった。それを知った蒼井は失意の中、自宅に帰り、心のまま泣く。村雨は蒼井のことが気になり、蓮賀、当麻と一緒に蒼井の家に行く。蒼井が目を覚ますと、村雨が隣にいた。村雨は同人誌を書くことになる・・・
 

[感想]

確か前期やってた「青い花」で「図書館の君」というのが出てきますが、百合関連では「○○の君」というネーミングは、定番なのでしょうか? 勉強不足で分かりません。あれ? 「青い花」→「蒼井、ゆりフェス」??? 「青い」というのも何か元ネタがあるのでしょうか・・・
 

[今日の一枚]

立ち直った蒼井

村雨「で、これ本にしてどうするの?」
蒼井「ちょっと村雨さん、そんなことも知らなかったの?」
蒼井「これよこれ、オール百合ジャンル即売会『ゆりフェス』。ヒャッホーーーッ」

村雨は蒼井に気に入られると、風間が近づかないという罠にハマったようなw