ほとまるブログ

はてなダイアリーから移行

#06 開戦と合同訓練

感想

帝国と王国で戦争になるかと思ったら、
この前の魔人先生が魔人軍団を引き連れて帝国を潰してた。
元々、シンを政治利用しないという条件での学園入学であれば
軍事訓練に参加している時点でアウトになると思う。
ただ、今回の敵は魔人なので、国家間の「政治」ではなく
人間と魔人の戦いであり、政治利用ではないという抜け道なのかなと。
まあ、僕としては極端な鬱展開にならず、
おっぱいがあれば、細かい展開はどうでもいいですw

PickUp!おっぱい

魔人ぱい

f:id:hotomaru:20190518204044j:plain
f:id:hotomaru:20190518204047j:plain

名前知らないぱい

f:id:hotomaru:20190518204102j:plain
f:id:hotomaru:20190518204111j:plain
f:id:hotomaru:20190518204115j:plain
f:id:hotomaru:20190518204124j:plain
f:id:hotomaru:20190518204146j:plain
f:id:hotomaru:20190518204150j:plain
f:id:hotomaru:20190518210046j:plain

シシリーぱい

f:id:hotomaru:20190518204131j:plain
f:id:hotomaru:20190518204245j:plain
f:id:hotomaru:20190518204255j:plain

印象に残ったシーン

魔法使いと騎士は仲が悪い

自分と異なるものを否定するのは、お子様の特徴なので
人並みの経験を積めばOK
経験を積む前に指揮官になるのが一番怖いかな
f:id:hotomaru:20190518204310j:plain
f:id:hotomaru:20190518204317j:plain
f:id:hotomaru:20190518204324j:plain

騎士vsイノシシ

僕のモンハン経験()から言うと、初見のモンスターは
行動パターンを覚えてから近づかないと大ダメージ食らうw
(遠距離武器は知らん)
f:id:hotomaru:20190518204538j:plain
f:id:hotomaru:20190518204543j:plain
f:id:hotomaru:20190518204549j:plain
f:id:hotomaru:20190518204553j:plain
f:id:hotomaru:20190518204605j:plain
f:id:hotomaru:20190518204613j:plain

シシリーもも

f:id:hotomaru:20190518204623j:plain
f:id:hotomaru:20190518204628j:plain

鬱憤を晴らすシン

水素と酸素の爆発らしい。
大規模な山火事が発生しそうだ。
爆風に指向性を持たせるのはとても大変だと思う。
普通に反応させると、直線的な破壊ではなく爆心地のような破壊になるはず。
直線状に燃料の水素と酸素を飛ばしたとしても、距離が離れると扇形に広がると思う。
可能性としては、爆発前の破壊領域にバリアのようなものを構築し、
そのバリアで作ったトンネル状通路の内部で爆発させれば、似たような破壊痕になるかなぁ・・・
f:id:hotomaru:20190518205951j:plain
f:id:hotomaru:20190518205956j:plain
f:id:hotomaru:20190518210005j:plain
f:id:hotomaru:20190518210011j:plain
f:id:hotomaru:20190518210015j:plain
f:id:hotomaru:20190518210022j:plain
f:id:hotomaru:20190518210028j:plain
f:id:hotomaru:20190518210039j:plain

いつもと違うED

踊ってるけど、こいつ誰?
f:id:hotomaru:20190518210058j:plain
f:id:hotomaru:20190518210107j:plain
f:id:hotomaru:20190518210114j:plain

あらすじ

王国は帝国と開戦したが、帝国は魔人に滅ぼされたぽい。
なので、王国は魔人討伐の方向。
学園の生徒たちは、騎士との連携行動の訓練のため
魔物の住む森に行ったが、シンが魔物を蹴散らした。
f:id:hotomaru:20190518200119j:plain
f:id:hotomaru:20190518200131j:plain
f:id:hotomaru:20190518200137j:plain