ほとまるブログ

はてなダイアリーから移行

#7 妹と世界で一番面白い小説

感想

ムラマサ先輩()がマサムネのファンだったのは意外だった。
僕はそれなりにラノベを読んでたけど、
そんな、100万点つけるような作品には出会えなかった。
今まで読んだ本で、一番心を強く揺さぶられたのは
U・K・ル・グィン 「所有せざる人々」だ。

ハヤカワSF文庫で、どっちかというと人気のない作品w。
そんなに面白い内容ではないんだが、
続きが気になって仕方がなかった記憶がある。
「なんで僕はこんなに読むのが遅いのか!」と責めたw
時間を見つけて、もう一回読んでみるかな

PickUp!おっぱい

特に無し

印象に残ったシーン

制服ムラマサ


ムラマサもも








殺人予告ムラマサ

ムラマサ「つまらなかったら殺す」
振られムラマサ





結果発表

まぁここで負けたら、エロマンガ先生が終わってしまうので
ある意味、出来レース



あらすじ

マサムネとムラマサは、短編ラノベ対決!
山田エルフの指導?のもと、マサムネは妹小説の短編化に励む。
そこに、ムラマサが訪問。
ムラマサは、マサムネのバトル小説の大ファンで
ブコメを書かせたくないので妨害していたらしい。
で、結果としては、マサムネの妹小説が優勝。
無事、出版されるようだ。