ほとまるブログ

はてなダイアリーから移行

#17 醜態の果てに

感想

白鯨に食われて死に戻りするのかと思ったら
レムだけ死亡というか、レムの存在の記憶が他の人から無くなってた。
仮にスバルが生き延びたとしても、レムが居ない世界では、話が先に進めないから
「早く死ねよ()」って思って見てたw
エミリアに死に戻りを教えたら、スバルじゃなくてエミリアが死ぬし
パックがラスボス的に出てくるし、もう目が離せないwwwwwwwww
ループ物は退屈な場合が多いが、本作品は見ていてとても面白い

PickUp!おっぱい

ラムぱい

印象に残ったシーン

スバルに抱きしめられたレム

まさに死亡フラグ
メインヒロインの貫禄だ

レム「レムは今、この時のために生まれてきたんですね」

背後霊ですか・・・

レム「大丈夫です。レムはずっとスバルくんの後ろで見守っていますから」

説明不足なスバル

とりあえず、魔女教が攻めてくるくらいは言った方が良い


死に戻りするはずが、エミリアが死亡

これは意表を突かれた
レムが死んで、エミリアまで死んだら、
これ以上、話を続けられない








パック登場



パック「何をしている。僕の娘に何をしている、下郎ども」


そうすると、このでっかいのはパックか!(#15 狂気の外側)
よく見ると、耳にイアリングが付いてる


「眠れ、我が娘と共に」

あらすじ

ロズワール邸への帰路を急ぐスバルたちは、白鯨に襲われる。
レムはスバルを逃がすため、馬車を降りる。
ロズワール邸についたスバルは、誰もレムのことを知らないことに愕然とする。
スバルは、エミリアをロズワール邸から避難させようとするが、信用されない。
スバルは、死に戻りについて説明してエミリアを説得しようとするが、突然エミリアが死亡。
茫然自失のスバルは、ベティに殺してくれと頼むが屋敷の外に飛ばされる。
スバルがエミリアの死体を抱えているところに、魔女教の人が現れる。
エミリアの遺体損壊を止めに入ったのは、パックだった