ほとまるブログ

はてなダイアリーから移行

#13 福の神の言伝 [終]

評価: ★★★☆☆ (結局、ブツ切りエンド)

なんとなく、いきなり終わった印象。
原作を読んでないから分からないんだけど、
たぶん原作通りで、アニメとして独自の終わり方を用意しなかったのだろう。
EDの後のロスタイムに、トト様を出すのってどうなの?
これじゃ前半の盛り上がりが台無しなような・・・
とりあえず、すごく続きが気になるんだけど、3期はあるのかなぁ

印象に残ったシーン(全体)

顔を隠して泣くカズマ

毘沙門を筆頭に、豪快に泣く人が多かったので、
静かに泣くカズマが印象に残った。

感想

結局、恵比寿は代替わりして
オリーブ軒でハンバーグ食べるという流れはいいと思う。
ただ途中から、黄泉から持ってきた筆が見つからないというのが
気になって、え?このまま終わるのと思ってたら
EDの後に筆を入手した本当の黒幕、トト様登場って、ダメだろ。
原作知らないけど、進行が追いついてしまったのだろうか?
落胆して深い溜息が出た・・・

印象に残ったシーン

恵比寿に謝るヤト

恵比寿「みんな言ってます。天に討たれたと。やっぱり殺されるような悪い人・・・」
ヤト「それは違う!!お前は立派な奴だった。」
ヤト「自分の命を誰かの為に分け与えられるような」
ヤト「次元が違うんだ、お前の強さは。俺なんかが全然かなわねぇ」
ヤト「なのに・・・」
(回想シーン省略)
ヤト「俺も済まなかった」
恵比寿「あ、あの、ヤトさんのせいじゃ」
ヤト「頼む。謝らせてくれ。」
1人で百鬼夜行なトト様

ヤトの父親らしいが、ヤトより若いような・・・
もやもやする終わり方だ。

トト様「あのヘタレがミズチを放つなんて。やっと来たのか反抗期」
トト様「やっぱ可愛いよ、あいつ」

あらすじ

恵比寿は天に討たれ、代替わりする。
ヤトは、恵比寿をオリーブ軒に連れて行き、ハンバーグを食わせる。
人斬りを辞める決意をしたヤトは、ノラから名前を取り上げ解放する。
ヤトは、人を斬るのをやめて、災いを斬る神様を目指すぽい。
ラストは、黄泉の筆をゲットしてほくそ笑むトト様が登場して終わりだバカヤロー