ほとまるブログ

はてなダイアリーから移行

#02 竜の娘

感想

ストーリーとしては、モミアゲ隊長の元隊員狩りが続くようだ。
今回は、竜になった隊員の娘が増員。
仇討ちはいいとして、一人旅はお金がかかると思う。
もしかすると、一応英雄扱いだった父が殺されたわけで、
相当額の見舞金が支払われたのかなと思う。
僕として、前回出てきたおっぱいさんの出番がなくて
テンション下がってたら、予告で出てきたので一安心w

PickUp!おっぱい

特になし

印象に残ったシーン

鹿狩りは失敗

猟のことは全くの素人だが、こんな大人数で近づいたら
すぐ逃げられるんじゃないの?
f:id:hotomaru:20190713151400j:plain
f:id:hotomaru:20190713151336j:plain
f:id:hotomaru:20190713151412j:plain
f:id:hotomaru:20190713151429j:plain
f:id:hotomaru:20190713151435j:plain
f:id:hotomaru:20190713151449j:plain
f:id:hotomaru:20190713151456j:plain

竜になって帰郷

f:id:hotomaru:20190713151522j:plain
f:id:hotomaru:20190713151534j:plain
f:id:hotomaru:20190713151553j:plain
f:id:hotomaru:20190713151604j:plain
f:id:hotomaru:20190713151611j:plain
f:id:hotomaru:20190713151635j:plain

竜に足枷

こんな普通のおっさんが一人で持てるような重りに意味はあるのか?
重さは5キロくらいか?
実は脱ぐと凄い系だったとしても30キロかな
f:id:hotomaru:20190713151913j:plain
f:id:hotomaru:20190713151932j:plain
f:id:hotomaru:20190713151934j:plain

鹿は撃てなかったけど、父の仇は即ぶっぱ

えーと、これが「然るべきとき」?
f:id:hotomaru:20190713152012j:plain
f:id:hotomaru:20190713152016j:plain
f:id:hotomaru:20190713152030j:plain
f:id:hotomaru:20190713152035j:plain
f:id:hotomaru:20190713152045j:plain
f:id:hotomaru:20190713152050j:plain
f:id:hotomaru:20190713152107j:plain
f:id:hotomaru:20190713152108j:plain

パンモロのはず・・・

f:id:hotomaru:20190713152130j:plain
f:id:hotomaru:20190713152136j:plain
f:id:hotomaru:20190713152155j:plain
f:id:hotomaru:20190713152220j:plain
f:id:hotomaru:20190713152206j:plain

銃口を向けてストーカー宣言

メインヒロインじゃなかったら死んでたw
f:id:hotomaru:20190713152428j:plain
f:id:hotomaru:20190713152434j:plain
f:id:hotomaru:20190713152443j:plain
f:id:hotomaru:20190713152454j:plain
f:id:hotomaru:20190713152500j:plain

娘「私はあなたに着いていく。父が死ななくてはならなかった理由を」
娘「自分のこの目で確かめるために」

f:id:hotomaru:20190713152508j:plain
f:id:hotomaru:20190713152511j:plain

おっぱいさんは予告で登場

圧倒的な存在感(※おっぱい限定)
f:id:hotomaru:20190713152530j:plain
f:id:hotomaru:20190713152532j:plain

あらすじ

孤児院をやってた父親が戦争に行ったら
竜になって戻ってきて、近所の牛を食ってるらしく
モミアゲ隊長が来て始末。
竜の娘は、モミアゲ隊長を見つけて付きまとうことにした。
f:id:hotomaru:20190713144602j:plain
f:id:hotomaru:20190713144616j:plain
f:id:hotomaru:20190713144642j:plain