ほとまるブログ

はてなダイアリーから移行

#55 狒々(ヒヒ)のハラスメント地獄

感想

ヒヒという妖怪がいるのはいいとして、
なんで関西弁でテニス好きなのか謎。
昭和?のスポ根コーチングを批判するような内容であったが、
僕は体育会系ではないのでよく分からない。
職場で、体育会系の人が「根性」で解決しているのを見ているので
僕としては、「頭脳」不足を「根性」で補っているのかなと思う。
根性論の指導がまかり通っていたのは、根性のない選手を排除して
何も考えずコーチに盲目的に従う根性だけの選手を選んで育成していた可能性がある。
ハラスメントは、なんつーか信頼関係の欠如が根底にあるんじゃないかなぁ
同じ行動をとっても「この人は、これが無きゃいい人なんだけどな」で済むか
「うざ、キモ、視界に入るんじゃねーよクソが」となるかは日頃の人物評価によると思う。

PickUp!おっぱい

名前知らないぱい

f:id:hotomaru:20190512213122j:plain
f:id:hotomaru:20190512213131j:plain
f:id:hotomaru:20190512213136j:plain
f:id:hotomaru:20190512213142j:plain
f:id:hotomaru:20190512213146j:plain

印象に残ったシーン

過去の栄光を再び

過去の成功体験は、新しい成功を生み出す時の障害になる場合もある。
なので、どうして成功したのか論理的に考えることも必要。
f:id:hotomaru:20190512213514j:plain
f:id:hotomaru:20190512213516j:plain
f:id:hotomaru:20190512213530j:plain
f:id:hotomaru:20190512213533j:plain
f:id:hotomaru:20190512213542j:plain
f:id:hotomaru:20190512213545j:plain
f:id:hotomaru:20190512213556j:plain

スポ根といえば炎の目w

f:id:hotomaru:20190512213655j:plain
f:id:hotomaru:20190512213701j:plain
f:id:hotomaru:20190512213707j:plain

カワウソがコーチ

スイングがどうとか言ってるが、テニスはスイングだけじゃないだろ
というか、選手がコーチの隠れた資質を見出すって立場が逆だろw
f:id:hotomaru:20190512213731j:plain
f:id:hotomaru:20190512213737j:plain
f:id:hotomaru:20190512213754j:plain
f:id:hotomaru:20190512213800j:plain
f:id:hotomaru:20190512213806j:plain

いろいろハラスメントwwwwwwwwww

ギスギスしてる職場あるあるw
f:id:hotomaru:20190512213903j:plain
f:id:hotomaru:20190512213904j:plain
f:id:hotomaru:20190512213923j:plain
f:id:hotomaru:20190512213926j:plain
f:id:hotomaru:20190512213935j:plain
f:id:hotomaru:20190512213942j:plain
f:id:hotomaru:20190512213945j:plain
f:id:hotomaru:20190512213949j:plain
f:id:hotomaru:20190512214019j:plain
f:id:hotomaru:20190512214027j:plain
f:id:hotomaru:20190512214033j:plain
f:id:hotomaru:20190512214041j:plain

オチはぬりかべコーチwwwwwww

つーか、ぬりかべは、「ぬりかべー」しか言わないからコーチは無理だろw
壁打ちの練習には最適かも知れないが。
f:id:hotomaru:20190512214103j:plain
f:id:hotomaru:20190512214108j:plain
f:id:hotomaru:20190512214116j:plain
f:id:hotomaru:20190512214123j:plain

あらすじ

ヒヒはJCのテニスコーチをするが、パワハラで更迭。
人間相手に根性論によるテニス指導は断念した。
f:id:hotomaru:20190512194354j:plain
f:id:hotomaru:20190512194407j:plain
f:id:hotomaru:20190512194411j:plain