ほとまるブログ

はてなダイアリーから移行

#12 うちのメイドとこれからも [終]

評価: ★★★★☆ (良識ある変態メイドのアニメ)

タイトルでは、ウザいと表現しているが変態ですw
正直なところ、出オチのアニメかと思っていたのだが、
最後まで楽しく視聴できた。
ただの変態がメイドをするだけでは、おそらくストーリー展開が行き詰まると思う。
しかし、ツバメは性根は非常に誠実な人間であり、安心して見ていられた。
思いやりのある変態さんかなと。
あと、最初から気になってたツバメの右目についても
最終回で説明してくれたので、ずっとモヤモヤしてた気持ちがスッキリした。
全般的に丁寧な作品だと思う。

印象に残ったシーン(全体)

ツバメのハンドルネーム

ハンドルネームだけでも、無言の圧力がある

感想

ミーシャがキレていた理由は、母親のことを忘れつつある自分に対する失望であり、
小学生なのに、しっかりした子供だなと。
ツバメが自衛官を辞めた経緯について、ミーシャに話すところは泣いてしまった。
まさか、変態さんアニメで泣くとは思っていなかったよ!
ツバメがミーシャを子供扱いせず、一人の人間として接しているところが
とても好印象であった。

PickUp!おっぱい

特になし

印象に残ったシーン

ブレないミドリ

ツバメ「すみません、二尉にお願いが」
ミドリ「聞けんな」
ミドリ「お、お願いではなく、命令してくれ」

掃除を終えたツバメ

辞める覚悟が伝わってきて、とても重い。


ミドリ「なるほど。立つ鳥跡を濁さず、というやつか」 

幼女ツバメ

ワシワシ系


ツバメの右目は病気による失明

そんな辛い過去を淡々と話されたら、泣くしか無いじゃんよー

ツバメ「お嬢様、私の右目は光を失いました。」


ツバメ「空の上に父がいないことを確認しても、自衛隊を続けてきた私のこの右目は
ある時、病に冒されました。
視力が急激に低下したことで飛べなくなった私は、
それでも別の部署に転属して、自衛隊に居続けました。
けれど、やがて視力は完全に失い、今度こそ自衛隊を離れたのです」


三択問題

全ツッコミ不可避w



あらすじ

ミーシャが母親のアトリエに籠城。
ツバメは、ミーシャに母親は戻ってこないことを告げ、
家の掃除を始める。
ツバメは、自衛官を辞めた経緯を話し
ミーシャはツバメに怒った理由は自分に対する失望であることを話し
二人は和解した。
ツバメのメイド生活は続く。