ほとまるブログ

おっぱいアニメが好き

#13 出血性ショック(後編) [終]

評価: ★★★★☆ (免疫細胞に詳しくなる!)

最初、赤血球なんか擬人化して面白いのか?と思ったが
普通に面白かったw
ストーリー構成としては、毎回、病気になったり怪我したりして
体内がパニックになるテンプレ。
しかし、これまで免疫機能についてよく知らなかったのに
かなり詳しくなったwwwwwwwww
個人的には、ナレーションが良かった。
(能登教なので)

印象に残ったシーン(全体)

殲滅兵器ステロイド



感想

大量出血で、このままバッドエンド(死亡)かと思ったが
輸血で解決w
タイトル的に、細胞は「働く」のが前提かもしれないが、
現実社会では働きすぎに注意な。
最近、働き方改革という言葉を見かける。
長時間労働の是正とか、在宅勤務とかいろいろとあるが
僕としては、給料が増えるのか、それとも減るのかという点にしか興味がない。
サービス残業は以ての外だが、仮に全面残業禁止になって
副業で夜間アルバイトするのは、皆が望んでいることなんだろうか?

PickUp!おっぱい

特になし

印象に残ったシーン

血圧上昇と体温低下









力尽きる赤血球






大量輸血

あー、最近、献血に行ってないわー
健康診断で引っかかる系おじさんになりました。






あらあら、うふふ♪

あらすじ

大量出血により、体内で酸欠状態。
赤血球は、酸素を運び続けるが状況は悪化する一方。
そこに、輸血で大量の赤血球がやってきて事態は好転。
ショック死は回避できた。
細胞たちは働き続けるよエンド