ほとまるブログ

はてなダイアリーから移行

#17 未完成ラヴロマンスの真相 ANGELS’SHARE

感想

今回はサル課長のエピソード。
珍しく浮いた話になるかと思ったがそんなことは無かったw
公安9課はイギリスに行っても平常運転です!
このくらい頭がキレないと、エキスパート揃いの9課を回せないんだろうなぁ
素直にサル課長がカッコイイです(変な髪型は除く)

PickUp!おっぱい

少佐ぱい



印象に残ったシーン

昔の恋人?と再会したサル課長

あらあら、うふふな展開になるかと期待したが
そんなことは無かったwwwwwwwwwwwwwwwwwww





肝が据わりすぎてるサル課長

まぁ、いつもの修羅場からすると生温い状況かもな()
強盗犯はド素人だし

課長「我々に人質として価値はない。
帳簿の存在を知った可能性のある者は全て消しておく。
機密保持の基本だ。事後処理など何とでも出来る」


隠しワインセラーに潜伏



強盗はリリース

管轄外ですから!


人間関係にも熟成が必要

たぶん、僕が言ったら「お前、何言ってるの?」とツッコミが入るはず。
熟成()された人間じゃないと説得力ないセリフだ!
言葉の重みというのは、発言する人間に依存する。

課長「ワイン同様、熟成に時間を要する人間関係もある」



あらすじ

サル課長がイギリスで旧友(♀)と再会。
ワインを使ったマネーロンダリングについて相談されたところに
ワイン泥棒がやってきた。
マネーロンダリングは警察が絡んでたので、
証拠隠滅のため特殊部隊が包囲。
サル課長は強盗を駒に使って、特殊部隊の強行突入をやり過ごした。
サル課長のラヴロマンスは別の機会に()