ほとまるブログ

はてなダイアリーから移行

#12 宇宙よりも遠い場所

感想

サブタイがタイトルなので最終回かと思ったが
クライマックス回
あれだけ南極に行きたがってたシラセが
いざ南極に着いてみるとテンション低くて
なんつーか現実感が希薄だったわけだ。
で、遺品のノートPCを見つけたら
自分の送ったメールを大量受信。
もしかするとどこかで生きてるかもしれないと思って
メールを送ってたはずで、そこに「お母さんはもう居ない」という
実感を突きつけられたわけだ。
シラセの認識が、南極で「行方不明」から「死亡」に変わったと思う。
辛い・・・
次回は日本に戻って終わりかなぁ

PickUp!おっぱい

特になし

印象に残ったシーン

雪上車でGO







バナナとカップ

南極行っても、いまいち寒さが伝わって来なかったので良かったw
でも、これって昭和ネタだよね
まぁ昭和基地だし



何とか現象

もちろん見たこと無いが、こういうのがあること自体初めて知った。




リザード

そう、僕の南極のイメージってこれだよな



シラセに感謝するキマリ

心配するんじゃなくて、感謝するところがポイント高い。


キマリ「連れてきてくれてありがとう」
キマリ「シラセちゃんのおかげで私、青春できた」


ノートPC発見















自分の送ったメールで泣き叫ぶシラセ

まじ辛い
メールを送ったときの自分の気持ちを一気に思い出すとか
辛すぎるだろ























あらすじ

雪上車で南極天文台の建設予定基地に行くことになるが
シラセはテンション低い。
気が抜けたようなシラセであったが、結局行くことになった。
目的地でシラセ母のノートPCを発見した。