ほとまるブログ

はてなダイアリーから移行

#5 「風の歌が聞こえる」

感想

今回のエピソードは、ちょっと意味合いが深いかなと。
勧善懲悪は成立しないという話だと思う。
善悪の判断というのは、ある側面からの解釈であり
別の角度から見れば、立場が反対になることもあるということだ。
僕もこの考えには肯定的で、行き着くところは「勝てば官軍」ということになる。
勝ったほうが正しいという見も蓋もないのが現実だ。
民主主義だと、多数派が正しいということになるのだが・・・

PickUp!おっぱい

骨女ぱい

印象に残ったシーン

カップ麺の夕食

カップ麺は高いから、袋ラーメンにしよう(提案)

クソガキどもの末路

シートベルトを付けないのはよくあるが
身体を乗り出すのは、あたまがわるい
敢えてミスを挙げれば、乗り出したことに気づいた時点で
速やかに減速して停車すべきだった。
でも、カーブが連続する山道では難しいか・・・












土左衛門

ここで藁を掴んでたら腹筋崩壊するんだけどな
でも、実際に死体が浮くのは腐敗が進んでガスが溜まってからなので
2週間後くらい(季節による)
通常は、池の底に沈んだままだ。
肺に空気が入ってれば浮くのだが、肺に空気があれば溺れないわけで・・・

豆腐を買いに行くミチル

昔は鍋持って買いに行ってた


軟禁されるミチル




暴走ミチル

集落を全滅させたのか・・・









あらすじ

ミチルのネタバレ
ミチルは濡れ衣で監禁された挙句、助けに来た両親とともに焼き殺されたらしい。
そんな経歴を持ってたので、閻魔あいに反論してたようだが
閻魔あいは、ミチルが死に際の怨念で集落を炎上させて壊滅させたことを教える。
ミチルが次の地獄少女のようだ