ほとまるブログ

はてなダイアリーから移行

#8 「託された骨[後]」

感想

登場人物の関係が複雑で、僕が理解するには難しい内容だ。
なんで骨を見ただけでそんなこと分かるんだよと思ってたら
死んだ先生は、櫻子さんの恩師だった。
推理だけだと難しくなるので
おバカな警察官の人が出てくると丁度いいのかもしれないと思った。
つまり、僕がおバカということだ。

印象に残ったシーン

写真を見て若返った?遺族の人。

いきなり若返ったからびっくしたwwwwww
このアニメは、骨は出てくるけどオカルトとは無縁だと思うので、
少年が危険ドラッグでも使って、幻覚を見ているのだろう。

あらすじ

先生の遺品を遺族に届けに行くと、赤ん坊の骨が足りないと言われる。
で、木の根もとにオルゴールが埋めてあって、中に赤ん坊の骨が入ってた。
(赤ん坊の人物関係を簡単に記述できないので省略)
先生は、櫻子さんの骨格標本の師匠だった。
櫻子さんが猫の骨を持ち帰ったのは、実は猫は2匹いて
その一方の骨だった。
尺骨と橈骨