ほとまるブログ

はてなダイアリーから移行

wheezy から jessie に移行したときのメモ(2)

スクリーンセイバーの設定

wheezyの頃からだけど、時間が経つと画面が黒くなってうざい。
設定アプリ
Hardware->Power->Power Saving->Blank screen
デフォルトが5minなので、Never にする
というか個人使用なのでロックもいらない
dconf-editor で設定変更
/org/gnome.desktop/screensaver/lock-enabled
を FALSE にする

multimediaレポジトリ設定

再生できない動画ファイルなどがあったときは、昔からここをレポジトリに追加すると解決してたので
盲目的に追加設定する。
インストール手順通りにコマンドを実行

# apt-get install deb-multimedia-keyring
# vi /etc/apt/sources.list
+ deb http://www.deb-multimedia.org jessie main non-free
# apt-get update
W: GPG error: http://www.deb-multimedia.org jessie InRelease: The following signatures couldn't be verified because the public key is not available: NO_PUBKEY 5C808C2B65558117

エラー出た
昔見た気がする。2009-11-20に同じことしてたw
http://d.hatena.ne.jp/hotomaru/20091120/1258643494

# gpg --keyserver wwwkeys.eu.pgp.net --recv-keys 5C808C2B65558117
gpg: requesting key 65558117 from hkp server wwwkeys.eu.pgp.net
?: wwwkeys.eu.pgp.net: Host not found
gpgkeys: HTTP fetch error 7: couldn't connect: Success
gpg: no valid OpenPGP data found.
gpg: Total number processed: 0

そんなHostないらしい。前回は6年前^^;だしホストがなくなっていてもおかしくない。
違うホストでやってみる

# gpg --keyserver pgpkeys.mit.edu --recv-keys 5C808C2B65558117
gpg: requesting key 65558117 from hkp server pgpkeys.mit.edu
gpg: /root/.gnupg/trustdb.gpg: trustdb created
gpg: key 65558117: public key "Christian Marillat <marillat@debian.org>" imported
gpg: no ultimately trusted keys found
gpg: Total number processed: 1
gpg:               imported: 1  (RSA: 1)

大丈夫そうなので、続ける

# gpg --armor --export 5C808C2B65558117 | apt-key add -
# apt-get update

今度はエラーが出なかった

# apt-get upgrade

これで動画関係で困ることはないだろう(多分)

mediatombの自動起動(失敗編)

DLNAサーバとしては、自動起動してくれないと面倒。
jessieからSystemDが導入されてるので、init.d にスクリプトを書かなくていいらしい。
sysv-rc-conf も導入しておく

# apt-get install sysv-rc-conf
# sysv-rc-conf --list
# sysv-rc-conf --list mediatomb
mediatomb    0:off	1:off	2:on	3:on	4:on	5:on	6:off

あれ?
2~5が on だから自動起動するはずなんだけど・・・
ランレベルは?

# runlevel 
N 5

ランレベル5だし
ログを確認

# less /var/log/mediatomb 

なんかエラー出てる

2015-07-11 08:26:20   ERROR: ActionRequest::update(): response is nil, code -115

ぐぐったら、いきなりソースコードですか・・・
http://mediatomb.cc/doxygen/action__request_8cc_source.html
C++ですか・・・
エラーメッセージとしては、既にエラーコードが設定されてるケースらしい・・・
とりあえず、今回は撤退^^

mikutterの設定

debianで動くTwitterクライアントがあまりなくて、何となくミクったーを常用している
jessieからはレポジトリに追加されてるので、インストールが簡単になった。

# apt-get install mikutter

通知のサウンド設定もしておく
サウンドファイルは、
/usr/share/mikutter/core/skin/data/sounds/
にあるので、適当に設定する

flash player の設定

ニコニコ動画が見れないので、FlashPlayerを導入する
debianとFlashPlayerの相性は悪く、過去に何度もはまってるので、過去のブログを検索。
http://d.hatena.ne.jp/hotomaru/20140608/1402182142
あーそうでしたねぇ、Pepper Flash Player

# apt-get install pepperflashplugin-nonfree

パッケージが見つからない・・・
https://packages.debian.org/ja/jessie/pepperflashplugin-nonfree
contrib に含まれてるらしい
レポジトリを修正

# vi /etc/apt/sources.list
- deb http://ftp.riken.jp/Linux/debian/debian/ jessie main
+ deb http://ftp.riken.jp/Linux/debian/debian/ jessie main contrib
# apt-get update
# apt-get install pepperflashplugin-nonfree

chromeを再起動
chrome://plugins/
でインストールされていることを確認

ログインログアウトでサウンド再生(失敗編)

正直、これがないとモチベーションが下がる。
ログイン時の「今日も頑張ってくださいね」(CV能登麻美子)
ログアウト時の「お疲れ様でした」(CV能登麻美子)
は必須ですね。
canberra-gtk-play で再生する
デフォルトではインストールされてないようだ
パッケージとしては、gnome-session-canberra

# apt-get install gnome-session-canberra

再生コマンドを追加する

# vi /etc/gdm3/PostSession/Default
+ /usr/bin/canberra-gtk-play --file="/mnt/data_hdd/shares/misc/sound/noto/logout.wav" --volume=0.0
# vi /etc/gdm3/PreSession/Default
+ /usr/bin/canberra-gtk-play --file="/mnt/data_hdd/shares/misc/sound/noto/login.wav" --volume=0.0

ログアウト、ログインして動作確認
・・・ダメだ。音が出ない。
今回は断念。