ほとまるブログ

はてなダイアリーから移行

#13 「有頂天家族」(終)

評価: ★★★☆☆ (ある意味ダークホース的な存在。タイトルで損してるような)
完全に予備知識なしで視聴開始。
理由は能登さんが出てるからw
だけど、回を重なるごとに面白くなっていった。
下鴨父が鍋になったのが、ある種の謎解きとしてストーリーの基幹となっていた。
鍋にされたというエピソードもきちんと夷川の仕業という暴露するところまで
丁寧というか、きちんと伏線を全部回収してるのも印象としていいかなと。
語られなかったエピソードとしては、赤玉先生が飛べなくなる話がなかった。
最後は海星も出てきてるし、うまくまとめてたと思う。
僕の頭が足りないのか、どこが「有頂天」な部分なのか分からなかった。
笑いあり涙ありでも、有頂天な家族ではなかった気がする。