ほとまるブログ

はてなダイアリーから移行

#22 たったひとりの軍隊

たったひとりの軍隊っていうと、ランボー的なイメージだけど
そうではなくて、単純にタイラーが孤立無援な状態。
確かに反逆罪みたいなもんだから銃殺刑も止むなしか・・・
勝手に刑の執行を早めるというのも何だかなぁと。
とりあえず、山本副長の
「認めたくありませんが、自分の中にも艦長がいたようです」
が、いい味だしてると思う。