ほとまるブログ

はてなダイアリーから移行

おまもりひまり 第12話「猫と優人と乙女の純情」(終)

[あらすじ]

タマとの戦いの中、緋鞠は覚醒した。異変に気づき優人たちも駆けつけた。緋鞠の妖力を吸収し、本来の力を取り戻したタマ。九尾の狐の姿に戻ったタマであったが、あっさり緋鞠に倒される。動揺する酒呑童子であったが、緋鞠の暴走で優人たちも負傷する。暴走した妖猫は天河家当主が倒すことになっているが、優人は緋鞠を斬ることができず、ただ抱きしめた。そして、混濁の中、緋鞠が我を取り戻した。優人の光渡しも覚醒し、光渡しで変身した緋鞠が、酒呑童子を斬り捨てた。戦いが終わり、緋鞠は覚醒した優人には護り刀が必要ないと野井原に残ると言い出すが、優人の鬼切り役としての覚醒は一時的なものであった。結局、妖し軍団と優人のハーレム生活は続く・・・
 

[感想]

終わっちゃいました。シリアスな戦闘シーンでも、所々入るパンチラシーンのおかげで緊迫感がありませんでした。あまり出番のなかった凛子も最後に出番があってよかったかな。
終わり方としては、1エピソードが終わったという感じで、メンツが揃った状態です。まあ2期を匂わせる終わり方です。
全体を振り返ってみると、前半はいい感じのおっぱいアニメでしたが、くえすが出てきたあたりからシリアス寄りになって、僕としてはやや不満のある展開でした。投入キャラも消化不良ぎみで、もう少しくえすの「デレ」が欲しかったです。緋鞠が意外と良識派でしたw
酒呑童子の中の人のせいか、天地無用を思い出しました。全然関係ないですけど、ハーレムっぷりとか、主人公がへたれだけど、すごい能力持ってるとかw
 

[今日の一枚]

緋鞠を斬れず抱きしめる優人

優人「緋鞠、俺は・・・」
優人「ごめん、斬れないよ。斬れるわけないじゃないか」
優人「俺の思い描く未来に、お前が必要なんだ。戻ってきてくれ、緋鞠」
緋鞠「ぁぁぁ」

うるっと来ました。まさか、おまひまで泣くとは・・・あなどれないw
 
 評価: ★★☆ (普通の妖怪おっぱいアニメです)