ほとまるブログ

はてなダイアリーから移行

おまもりひまり 第10話「妖しき猫の思い」

[あらすじ]

タマと酒呑童子に逃げられたので、優人の家にみんなで集まり作戦会議をしていた。タマが強敵なのは分かったが、優人の「光渡し」が不確実なので、優人の力を引き出すため一同コスプレを始める。凛子に怒られた優人は凛子と夕食のカレーライスの材料を買いに行く。緋鞠は、文車妖妃の文の持ってきた武器を試してみるがしっくりこない。そこへくえすが「安綱」を持ってくるがボロボロになって使える状態にない。しかし、一本ダタラの沙砂の妖術で安綱は修復された。緋鞠は優人に黙って決着をつけにいこうとするが、優人が待ち伏せしていた。そしていつもになく強気の優人が緋鞠を止める。そこへくえすたちもやってきて、結局全員で戦いに赴く・・・
 

[感想]

何か妙にシリアスな展開になってきて違和感があります。次回予告が次で終わりと言ってたので、全12話かな。あと2話。
急に最終決戦と言われてもついて行けません。サーセン。特にタマさんが妖しを食べるという、どちらかというとグロ設定なので困ります。僕としては、妖力を吸い取る→ロリ化するくらいで十分だと思うのですが・・・。正直言って、今後の展開が怖いです。
  

[今日の一枚]

セーラー服のコスプレで優人に迫る明夏羽

明夏羽「自分に素直になれば、今まで知らない力が引き出せるかもよ
明夏羽「ほら、あんたの奥にある、あつ〜いものが出したくてたまらなくなってきたんじゃな〜い?」
優人「ちょっと」
明夏羽「あ〜も〜、ジンジンしてきた?」

なんというローアングル。けしからん下乳。まさしくおっぱいアニメらしい一枚。
前回もアレでしたが、今回も明夏羽が頑張ってます。エロ要員だったんですね。今更、気付きましたw