ほとまるブログ

はてなダイアリーから移行

戦う司書 The Book of Bantorra 第20話「弔鐘と本と死にたがりの少年」

[あらすじ]

エンリケノロティの本を読んでいた。
神溺教団の細菌テロを阻止するため、ノロティは単身トアット鉱山へ向かった。首謀者のアーキットはまだ少年で、ノロティはどうにか更正させようとするが、アーキットの頭には、自殺することか、武装司書を殺すことしかない。根気強く説得を続けるノロティは、アーキットの手下になり、更正の糸口を模索する。
ラスコールからノロティの本を受け取ったエンリケは、ノロティの足取りを追っていた。一方、バントーラ図書館は、世界各国から宣戦布告を受け、緊急事態となっていた・・・
 

[感想]

冒頭、回想シーンの透かし模様が入っていたので、ノロティかエンリケが死んだのかと思いましたが、ノロティが死んでしまったようです。このアニメ、結構簡単に人が死にますが、あっけないなぁと。ノロティは結構お気に入りだったので、残念です。
世界相手に戦争状態になったバントーラ図書館も今後どうなるのか気になります。ハミュッツが蹴散らすんでしょうか・・・。もう20話ですから、このエピソードで終了かも。
 

[今日の一枚]

ノロティの死を調査するエンリケ

助手「こちらが遺体発見時の状況です。背後から一突きです。死後投げ捨てられたものと思われます」
エンリケ「この男は?」
助手「僕の上司です。ノロティさんと同じ頃、やはり行方知れずに。両名ともまだ本は掘り出されていません」
エンリケ「そうか・・・」

 

       /:::/::::::::;: --- 、:::::::::|::::::::ヽ 
        |::::|:::::::├――┤:::::::l::::::::::| 
        |:::」.ィ ┴――┴‐- L::::::::| 
       |´ : | , -‐ 、   ‐- 、| `T ト、    あちゃーノロティ、とうとう死んじゃったか     
       l: : : |{  じ   じ  }: : :V::::::}        
        〃!: : | ー      ー | i: : }_/            
      / |:i ; | u   '     jイ : ハ     
          l:ト、:ト .  ^TTIト .イ/: /: :ヽ    
       | ヾ ィ>イl川´}∨∠ェー ´    
       _.. ヘ ヽ 川||/  ハー- ._ 
    , ィ''´    }  ンrtく  {      /ヽ 
   /  l 、\ {_/ |o| \_}     /  , 
   {、 l  >--\   |o|     、 ,′   、 
   ハ_} / _二ヽ \ Ll       V/     ヽ 
   {  /   -- 、ン‐ヘ         {i   __} 
   に7  ‐ァ-一'’_¨二\二二¨ `Y⌒ヾ_-―‐ノ 
  //  /ヽ、<´ ミ=三ゝ=ミ `>ノ ノ  `ヽ |