ほとまるブログ

はてなダイアリーから移行

獣の奏者エリン #01〜#07

[あらすじ]

エリンは、闘蛇(トウダ)というでっかいトカゲを飼育している村で暮らしている。エリンの母、ソヨンは闘蛇の医術師で、村一番の腕前だ。闘蛇は、生物兵器として調教され、王国の守りの要となっていた。平和に日々を暮らしていたエリンであったが、ある日、ソヨンが世話をしていた闘蛇が、原因不明の病気で全滅してしまう。王国の宝である闘蛇を死なせた責任を取るため、ソヨンは「闘蛇の裁き」にかけられる。ソヨンが闘蛇の群れの集まる沼の中に突き落とされると、エリンが助けに来てしまう。このままで二人共、闘蛇に食われてしまう。ソヨンは指笛で闘蛇を操ると、エリンを闘蛇の背に乗せて遠くへ向かわせる。エリンが泣き叫ぶ中、ソヨンは自ら裁きを受け入れ、闘蛇の餌食になる・・・・
 

[感想]

正月、再放送してたので録画してたやつを今頃観てます。#1〜#30まで一気に放送とかNHK、鬼です。
このところ深夜アニメばかり観ていたので、新鮮でした。何というか「教育的」なアニメで、萌えとかエロとかほど遠い存在です。入浴シーンがありましたが、エロさが全くありません。すげえ
#6「ソヨンのぬくもり」で、ソヨンが大人になってから渡そうとしていた形見の腕輪をエリンにあげたり、急にシシ肉を食べたり、一緒に寝たり、もうフラグ立ちまくり。死んじゃうのかなあと思いました。
#7「母の指笛」は、もうソヨンが連れていかれた時点で涙腺がヤバい状況。幼い子供を残して、トカゲに食われるのを選ぶとか、もう考えただけで発狂ものです。ソヨンの悲しみ、それを受け入れるしかない無念さ、うまく言葉で表現できません。僕は涙腺が緩いので、これ書いてただけで、涙目です
(ノД`)゜。゜。
 

[今日の一枚]

エリンと最期の別れをするソヨン

ソヨン「角は絶対離してはダメよ」
エリン「うん。お母さんも早く!」
ソヨン「・・・・。生き延びて幸せになりなさい」

もうダメ。涙で書けないです(ノД`)゜。゜。