ほとまるブログ

はてなダイアリーから移行

とある科学の超電磁砲 #13「ビキニは目線が上下に分かれますけどワンピースは身体のラインが出ますから細い方しか似合わないんですよ」

[あらすじ]

美琴と黒子は、水泳部の湾内と泡浮の誘いで、水着のモデルをすることになった。撮影当日、初春と佐天、そして、固法と婚后までもが現れた。それぞれ、水着を選び始めるが、美琴は、フリフリの水着を素直に着れない。黒子は、極小ビキニを着てきた。スタジオでの撮影は、カメラマンもいない自動撮影。背景が変わりつづける中、撮影は続く。カメラの故障で、休憩時間になると、用意してあった食材でカレーを作ることに。婚后はカレーをつくったことがないが、勢いで嘘をつく。しかし、湾内と泡浮の無邪気な様子に心が痛み、婚后は事情を話し謝る。そして、カレーの作り方を教わりながら、初めてのカレーが出来上がった。撮影が終わり、黒子たちが外に出ると、美琴がいない。美琴は、我慢していたフリフリ水着ではしゃいでいた。その様子は、屋外ビューに映し出されて、上条さんが目撃する・・・
 

[感想]

久しぶりに婚后が登場。前回は、まゆ毛の回だったと思います。ただ、黒子の変態さが発揮できていませんでした。未遂に終わりましたが、日焼け止めなり、サンオイルなり、変態らしく塗ってほしかったです。残念ですが、黒子の身体でビキニは痛々しかったです。レギュラーメンバーでは、おっぱいが足りないようです。うーむ・・・。

[今日の一枚]

ご飯を炊く美琴

美琴「んー」
黒子「IHですのね」
美琴「話しかけないで、気をつけてないと吹きこぼれちゃうのよぉ」

IHとか、その発想はなかったw もう、電子レンジみたいに温めもできそうwww 
レールガンって便利だねw