ほとまるブログ

はてなダイアリーから移行

ささめきこと 第07話「少年少女」

[あらすじ]

朱宮は、いつも通り妹に女装写真を撮らせている。朱宮妹にとっては女らしい兄が自慢だが、村雨にフラれた兄を不憫に思い、作戦を考える。村雨は、下校時にゲタ箱に果し状が入っているのを見つけるが、捨てようとして朱宮妹にツッコミを入れられる。朱宮は妹を速攻で連れ去るが、村雨がついてきた。朱宮妹の押しに負けて、村雨は朱宮とデートすることになる。デート当日、村雨が待ち合わせ場所で待っていると、朱宮は女装して現れる。村雨は、変な噂が立たなくよいと思う反面、自分より可愛い男に抵抗もある。朱宮妹の考えたデートコースを回る二人だが、特に盛り上がることもなく時間が過ぎていく。朱宮妹は、いろいろ計画していたが不発に終わり、村雨が朱宮に惚れることはなかった。デート中、携帯の電源を切っていた村雨だが、風間からの着信があることに気づき慌てる・・・
 

[感想]

今回は、朱宮パート。ただの女装好きの変態かと思っていましたが、妹とのコミュニケーション方法だったようです。理解できませんが・・・。今回気になったのは、ささめきにおけるモブの扱いです。以前も、男子生徒がかなりいいかげんな輪郭のみで登場していましたが、顔に「店員」というのは、どうかと思います。キモオタ三人組も興冷めです。世界観の構築という観点からも、もう少しモブをうまく処理して欲しいと思います。
えーと、女子部はどうするのかなあw
 

[今日の一枚]

洋服店で、女装について語る朱宮

朱宮「兄と妹って、大きくなると疎遠になるって言うじゃないですか。万奈歌も今は懐いててくれるけど、そのうちキモいとかウザいとか言い出すんですよね」
村雨「・・・」
朱宮「そうなる前に、出来るだけ仲良くしておきたいから。えへへへ、ちょっと妙な恰好するくらい、何でもありませんよ」

へえ、朱宮妹ってあずにゃんの人かぁ・・・
僕には妹がいますが、最近しゃべってないです。まあ一緒に住んでないし。