ほとまるブログ

はてなダイアリーから移行

うしおととら

#39 「うしおととらの縁」 [終]

評価: ★★★☆☆ (長いけど中弛みしない) 3クールなら連続して放送して欲しかったと思うが 大人の事情というやつだろう。 潮の声に違和感を持ってたが、最後の方は慣れてきた。 声がデカいだけの印象。 ストーリーの方は、原作(あまり覚えてないw)どおりで 大風…

#38 「最終局面」

感想 1クールアニメに慣れてしまっているせいか、 白面の者とのラストバトルが長くて退屈になってる。 某ドラゴンボールアニメなんて、何週にも渡って戦ってても 飽きずに見てたのに、おっさんになるとダメだな・・・・ まぁ視聴意欲が低いのだろう。 PickUp…

#37 「最強の悪態」

感想 白面の者が簡単に倒されても困るのだが 今回は攻防にほとんど進展もなく、間延びした印象。 PickUp!おっぱい カマイタチぱい 印象に残ったシーン とらを人間に戻せなくて泣いてるマユコ ハマー機関のおっさん 一般的に、モブで終わりそうなポジションの…

#36 「約束の夜へ」

感想 妻子を食われたおっさんも、ここで終わり。 復讐なら、死んでしまったら負けのような気もするが、 帰る場所もない状況では、相討ちでも仕方ないかなぁ。 PickUp!おっぱい トワコぱい 印象に残ったシーン 海に浮いてる潮ととら 甲冑着てるので、沈みそう…

#35 「希望」

感想 何つか白面の者が強すぎw こんな化け物を倒すというのだから、ご都合主義だよな 麻子たちが避難所で説得してるけど、無理があるだろう。 少なくとも僕だったら 空飛んで火を吐く怪獣を見たら、絶望する その状況で、槍がどうとか言われても、信用できな…

#34 「とら」

感想 これまで素性がはっきりしてなかった「とら」の話 前世?はインド人だったぽい 白面の者って結構ワールドワイドな活躍をしてたようだ。 日本にこだわる理由が分からんなぁ PickUp!おっぱい 特に無し 印象に残ったシーン 女をかばって矢を受けるとら(前世…

#33 「獣の槍破壊」

感想 僕が潮に感情移入できないせいもあるけど、 潮がうるさいだけのキャラから、ウザいキャラになってる。 中学生くらいの年頃だと、こんなもんなぁ 母ちゃんの味噌汁にどんだけ幻想を抱いてるんだよ 目を覚ませw PickUp!おっぱい 特に無し 印象に残ったシ…

#32 「母」

感想 うーん、この切羽詰まった状況で、味噌汁とか言ってんじゃねーぞw 僕の母は料理が苦手なので、うちの味噌汁は基本的にインスタントだwwww インスタント味噌汁に、増えるワカメをひとつまみ入れて ワカメを増量するのが、うちの「おふくろの味」だよwwww…

#31 「混沌の海へ」

感想 ナガレ兄ちゃん()の話。 白面の者の側に寝返ったけど、深い事情があったわけではなかった。 深い事情というのは、義理と人情的な奴。 まぁ人生、何が正しいということも無いので 好きなように生きて、死んでいけばそれでいいのかなと思う。 PickUp!おっ…

#30 「不帰の旅」

感想 最終決戦に向けて、いろいろと準備な段階。 伏線を全回収するのって大変だなぁ PickUp!おっぱい 麻子ぱい 印象に残ったシーン ボクシング勝負を約束するハマー機関のおっちゃん この深刻な状況でジョークが出てくるというのが凄いなと。 自称ジエメイの…

#29 「三日月の夜」

感想 何となく流して見てる状態。 白面の者が出てこないと盛り上がらない。 PickUp!おっぱい 特に無し 印象に残ったシーン ヤケドが治ってる麻子 白面の者の分身 この厭な顔がいいだよなぁ 紅蓮(ぐるぇん) 悪役はこうでなくっちゃあw 紅蓮「そうそう、これも…

#28 「もうこぼさない」

感想 どうも、潮のテンションと僕のテンションが咬み合わなくて白ける。 まぁ中学生の価値観と、疲れたオッサンの価値観が合わないのは仕方がないが、 全て自分で何とかしようとする考え方が若いなと。 歳を食うと、 作業工数と締め切りまでのクリティカルパ…

#27 「風が吹く」

感想 分割3クールの後半が開始。 なんか久しぶりなんだけど、相変わらず、潮の声に違和感。 通常時と感情が高ぶった時の声量が変わらないので、潮の感情の変化が分かりにくい。 潮みたいなキャラはもう少し感情を込めて発声するといいと思うのだが・・・ 表…

#26 「TATARI BREAKER」

感想 結果としては、おばちゃん回だ! 原作が少年漫画なので、大人が悪者になりがちだが おっさんとしては、大人にも色々と事情があるんですよと言いたいな! 自爆装置の爆発が、思ってたより小規模だった。 あれじゃ、白面の者の欠片が復活しそうな気がする…

#25 「H・A・M・M・R〜ハマー機関」

感想 ハマー機関というのが謎だ。 この作品では、妖怪は一般人には見えなかったような気がする。 それを捕まえて生物?実験するというのは、どうなの? 獣の槍に付着してた白面の者の残骸から、何か再生してるのも凄いな。 最近流行りのiPS細胞みたいなものだ…

#24 「愚か者は宴に集う」

感想 今回は白面の者が出てこないし、休憩回かなと。 ここで、このエピソードを挟む目的は よく分からないけど、真由子ととらの関係改善かなぁ 僕としては、うるさいだけの潮より真由子の方が見ていて楽だ。 もしかすると、「まゆこととら」の方が面白いかも…

#23 「永却の孤独」

感想 相変わらず潮の大声に違和感がある。 通常時がうるさすぎるから、本来叫ぶべきところで音量不足だ。 喉潰されても困るから仕方ないのかな。 印象に残ったシーン 潮の横に出てきたトワコ 見ていて本気でびっくりしたwwwwwwwww 顔面凶器をいきなり出すな…

#22 「激召〜獣の槍破壊のこと」

感想 どうしても、ストーリーをさらっとなぞっているような印象を受けるが まぁ原作が長すぎるから、仕方がないのかな? 白面の者が出てこないと盛り上がらない。 印象に残ったシーン 赤ん坊を盗んできたトワコ 淡々と喋ってるのが怖いわー トワコ「盗んでき…

#21 「四人目のキリオ」

感想 キリオという少年が登場。 サブタイで四人目になってるけど、あと三人が謎。 出てきてたっけ? お役目様も出てきたと思ったら、すぐ死んじゃうし 淡々と進んでくなぁ 印象に残ったシーン 死にそうなお役目様が抱えて、号泣する潮 僕は、初対面の人に死…

#20 「妖、帰還す」

タイムパラドックスの点からどうなの? 時逆が潮を連れて来なかったらどうなったのだろうか? うーん、まぁいっかーwwwwwwwwwwww とりあえず、回想は終わりかなと。 印象に残ったシーン 血の涙を流しながら獣の槍を鍛える。 生贄1人でこんな凄い槍が出来るん…

#19 「時逆の妖」

回想シーンで白面の者が登場。 圧倒的な存在感。 ボスキャラはこうでなくちゃ。 時逆の仕組みというかルールがよく分からない。 獣の槍は、作られる前だからと言って消えてしまったが 潮も生まれる前だろ? まぁ獣の槍を消しておかないと、いきなり白面の者…

#18 「復活〜そしてついに」

やはり潮の演技がネックのような・・・ 通常時に怒鳴り散らしてるのに、獣になると いつもより逆に静かなんだよw 通常時が獣かよ ストーリーとしては、遂に白面の者が出てきそうなので いい感じに盛り上がってる。 印象に残ったシーン 獣の潮 よく見ると、目…

#17 「カムイコタンへ」

今までの登場キャラは、すべて伏線だったと言わんばかりの 全員集合w 無理やり関連付けてるような気もするが 使い捨てキャラよりは、こういうやり方のほうが好きだな。 とりあえずまぁ白面の者もまだ登場してないので、 潮は元に戻ってもらわないと困ります…

#16 「変貌」

前回、崖から落ちた人は死んでなかった。 人助けもいいけど、初対面の人のために命を賭けるというのは 共感できない。 確かに、目の前で人が死ぬと気分が悪いが だからと言って、自分が死んでしまっては、 自分の死を悲しむ家族がいるだろうし、無謀かなと。…

#15 「追撃の交差〜伝承者」

登場人物が増えてきたので、名前が分からないw このアニメは何クールなんだろ? ジョジョ3部のアニメ化は、4クールでパーフェクトな出来だった。 うしおととらって原作コミック30冊くらいあったと思うので ストーリー上の省略は仕方がないとしても、 尺の都…

#14 「婢妖追跡〜伝承者」

いつの間にか、母をたずねて三千里状態。 ジョジョでもそうだけど、刺客に狙われてる人は公共交通機関を利用しない方がよい。 今回から、獣の槍の候補者が登場。 妖怪だけでなく人間にも狙われるわけだ。 2クールに入って、ストーリーも動き出してきたような…

#13 「遠野妖怪戦道行〜其の弐〜」

13話まで見て、淡々と話が進んでる感じ。 おそらく原作通りに話を進めるには仕方ないのだろう。 どちらかというと盛り上がってない印象だ。 1クール分終了として、気になってる点は 潮の声が何て言うか違和感がある。 そのうち慣れるかと思って見てたが、感…

#12 「遠野妖怪戦道行〜其の壱〜」

原作は最後まで読んだんだけど、ストーリーをほとんど覚えてないw 20年くらい前だし仕方がない。 単行本を持ってたジョジョとは差が開いた。 たまに読み返してたしなぁ 崖下にバスが転落して、運転手以外は無事ってどんだけ幸運だよ。 いつもなら爆発させる…

#11 「一撃の鏡」

ある意味定番の鏡の中の世界。 鏡の中の世界が共通で、出入り口が鏡というのも面白い考え方かなと。 合わせ鏡みたいなオカルトもあるし。 学生の時、光学が専門だったので 鏡は反射率の高い平板というイメージしか無い。 ・・・まぁ凸面凹面な鏡もあるけど …

#10 「童のいる家」

座敷わらしと言えば岩手。 地味に北上してるので、目的地の北海道も近づいてる。 座敷わらしを結界に封じ込めて、富を得るという方法は 永遠に続くわけもなく、子孫に借金を背負わせているようで嫌いだ。 Win-Winの関係というか、互いに利益のある共生関係を…